スキーやダイビングなどで使うホテルと旅行の中で利用できる方法

春の訪れを知る行事

イチゴ狩りを楽しむために

冬から春にかけてイチゴ狩りのチラシを見る機会が増えると思います。 つみっとたイチゴを量り売りしてくれるものもあれば、その場で時間内は食べ放題というイチゴ狩りのパターンもあります。 イチゴ狩りを楽しむために少し工夫があります。 イチゴ狩りはビニールハウスの中で行われるため、混雑しないように時間制限、入場制限があることがほとんどです。そのため予約しないでいくと長い時間待つことになります。予約を入れることが必須です。 ビニールハウス内は暖かく通路も狭いため、あまり厚着をしない方がいいと思います。動きやすい恰好でおいしいイチゴを探しましょう。 イチゴは先端からへたまで赤く色づいていてへたがぴんとしているイチゴを探しましょう。

イチゴをおいしく食べるために

どれだけイチゴが好きな方も意外とたくさん食べられないものです。 たくさん食べたい方は、持ち込みが可能な農場なら、練乳やチョコレートシロップなどで少しずつ味を変えてみるのもお勧めです。ポテトチップスをもっていき途中でしょっぱいものを食べるのもいいです。 よりおいしく食べるためにも工夫があります。 ビニールハウス内で育てられているので光にあたっているイチゴは食べると生温かく感じます。陰にあるイチゴを選ぶようにしたり、氷水で冷やしながらたべるとおいしく食べられます。 イチゴを食べるときはへたを取りへた側から食べる方がいいです。 先端の方が甘いので最後にへた側を食べると甘さがあまり残らないからです。 先端へ向かって食べるとよりイチゴの甘さを実感できます。

Copyright© 2015 スキーやダイビングなどで使うホテルと旅行の中で利用できる方法All Rights Reserved.