スキーやダイビングなどで使うホテルと旅行の中で利用できる方法

レッスンを受ける場所

講習はリゾートで受けるか地元で受けるか

水中を飛ぶように泳ぐ感覚や、色とりどりの魚に囲まれるなどスキューバダイビングは陸上では想像のつかない魅力的な体験ができます。しかし、スキューバダイビングは空気のない水中で行われるレジャーのため、知識とスキルをつけるためにしっかりとした講習を受ける必要があります。 スキューバダイビングの講習は南の島などのリゾート地でも受けることができれば、内陸地を含めた地元のダイビングショップで受けることもできます。両者にはそれぞれメリットがあって、リゾート地では水温も透明度も高いストレスの少ない環境で講習を受けることができます。また、地元のダイビングショップでは、希望のスケジュールやマンツーマンで講習を受けるといった細かな要望に応えた講習を受けることができます。

リクエストや要望を言うことによるメリット

スキューバダイビングは若い人だけでなく、体力に自信のない人や高齢者でも楽しめるレジャーです。多くのスポーツでも上達度に違いがあるように、スキューバダイビングでも人によってマスククリアや中性浮力が取れるようになるのに時間差があります。一般にリゾート地での講習は、生徒の数が多くなり、一人のインストラクターが担当する生徒が多くなりがちです。地元のダイビングショップでは、上達度に応じて講習をゆっくり進めていくことができやすいです。 リゾート地でも、体力がないことを前もって言っておくことによって、インストラクターを増やして少人数制にしたり、アシスタントを配置してくれるような対応を取ってくれるので、講習を受ける前に要望やリクエストを伝えるようにしてください。

Copyright© 2015 スキーやダイビングなどで使うホテルと旅行の中で利用できる方法All Rights Reserved.